トピックス

酒匂川に関するいろいろな情報をアップします。
釣り人からの情報や、川辺の動植物や、イベントなど
ニュース性のあるものを、その都度掲載します。
画像はクリックすると拡大します(拡大しないものもたまにあります(^^;)。  )



2011.5.7 親子あゆ体験放流開催

酒匂川水系保全協議会、酒匂川漁業協同組合、小田原市主催で親子体験放流が開催されました。あいにくの悪天候にもかかわらず親子で129名の参加者が集まり漁業組合で育てられた稚鮎(8cm〜12cm)3000尾が放流されました。



2011.4.24 本日の十文字橋床止工

昨日からの雨により50〜60cmの増水と濁りです。
あの「若鮎たちはどうしたんだろう?」・・・元気に上流を目指してがんばっいることでしょう。

(左は4/24)      (右は4/22)



2011.4.19 松田地区及び山北地区に放流!

昨日、前回同様に漁協の池で育成した稚鮎を松田地区に16000尾また山北地区の本流に16000尾放流しました。
 また最近では十文字橋の床止め工付近で風物詩である障害物を乗り越える”鮎のジャンプ”が見えるようになりました!!。是非ご覧になっては如何でしょう。
  もう直ぐですね!シ−ズンは。
 



2011.4.11 本流域に順次放流開始

昨日に続き漁協の池で育てられていた稚鮎を下記の地域に放流しました。山北地区23000尾(含む河内川)、松田地区25000尾、小田原地区20000尾、
本日の遡上調査の情報によりますと、午後相当数の遡上が確認できたとのことです。また最近の情報では連日遡上が確認されているので期待したいですね。



2011.4.10 川音川及び狩川に放流 !

本日松田地区の川音川及び狩川に育人工35000尾を放流しました。
組合の池で丹精込めて育てられた稚魚?(7〜10p)達は元気に流れに飛び出して行きました。(写真は川音川の放流です。)



2011.3.29 県の魚類調査 3/29

松田地区の魚類調査に帯同してきました。上流部での工事に伴う濁りがありましたが
栢山頭首工下流域で放流物に混じり天然物の姿が見られました。特に今日の遡上情報によりますと気温の上昇とともに相当数の遡上が確認されたようです。昨年の台風による影響が心配されていますが、このまま順調に遡上が確認できれば期待できるかも。



2011.3.29 県の魚類調査 3/25

鮎の遡上が始まり、期待が高まる時期ですが漁協前で魚類調査が行われ天然物か、放流物か、採捕された稚鮎の姿です。


PAGE
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26

[更新]

TOP