トピックス

酒匂川に関するいろいろな情報をアップします。釣り人からの情報や、川辺の動植物や、イベントなどニュース性のあるものを、その都度掲載します。画像はクリックすると拡大します(拡大しないものもあります)。  


2019.2.24 世附川・中川・玄倉川へ放流

3月1日渓流解禁に向けヤマメ等の成魚放流を行いました。玄倉川については通行止め状態のため小川谷のみ放流。その他については通常の放流です。(23p〜30pの大きめのヤマメ放流)解禁日には楽しめると思います。



2019.2.19 稚鮎7万尾受け入れる

予定をしていた人口産稚鮎が育成池に入りました。平均1g、4p〜5p。元気に泳いでいます。今後育成状況を見ながら3月下旬から随時放流を行っていく予定です。



2019.2.15 渓流解禁に向け

3月1日の渓流解禁に向け各渓流河川にヤマメ等の成魚放流を行う予定です。しかし四十八瀬川については13日に放流場所の確認へ出向いたところ、雨が降らないため極端に水量が少なく計画していた放流量が放流できない状況にあるため、放流量を制限して行う予定です。なお雨が降り水量が増えた状態になれば随時放流を行っていきます。



2019.1.30 稚鮎70,000尾育成池に受け入れ

組合では今シーズンの放流用の稚鮎(海産系)約70,000尾を2つの育成池に受け入れをしました。1尾平均0.5g、3〜4p。今後育成状況を見ながら3月下旬ころに徐々に放流していく考えです。次回の受け入れは2月上旬を考えています。



2018.10.19 親鮎放流

    小田原大橋下流域

来年度の資源保護のために下流域に親鮎100kgを放流しました。来年度も今年度同様に天然遡上を期待したいと思います。



2018.5.16 2018

晴天に恵まれたものの、早朝から強風のため、竿の操作にも苦心する状況下で試し釣りが実施されました。3月以降雨が多く漁場環境を見ると垢付きも悪く釣果は全般に小ぶりが目立ちました。今後気温の上昇とともに好天が続くと漁場環境も良好になり成育に期待が持てると思います。

 釣果は次の通りです。
 (友釣り)

・谷峨(東名下)       15.7p〜        1尾
・谷峨(道の駅)       16.6p〜       1尾

・高瀬橋下流        9・1cm〜14・0p   15尾
・岩流瀬橋下流        8.9p〜15.7p     10尾 
・大口橋下流        10.0p〜16.2p      4尾
・大口グランド前      10.5p〜17.2p     6尾   

・文命床止工〜旧薮下囮店前 10.6p〜17.5p     9尾
・旧薮下囮店前〜新十文字橋 11.0p〜17.0p     5尾
・新十文字橋〜十文字床止工  7.0p〜18.0p    14尾
・十文字床止工〜足柄大橋  11.2cm〜17.5p     8尾
・紫水大橋〜報徳橋     10.0p〜16.0p      6尾

・報徳橋〜第二床止工     10.5p〜17.8p    6尾             
・第二床止工〜冨士道橋  10.0p〜16.5p     10尾
・冨士道橋〜富士見大橋    9.5p〜16.0p     4尾
・冨士見大橋〜赤橋      8.6p〜16.5p     16尾
・赤橋〜飯泉橋        9.5p〜17.8p     11尾


 (ドブ釣り)

・足柄橋〜高瀬橋       7.5p〜12.8p    15尾 
・高瀬橋〜大口橋上流     7.5p〜10.5p     8尾           
・ 報徳橋上流         7.2p〜13.0p    20尾
・第二放水路下流       9.5p〜11.5p     5尾
・赤橋下流           7.0p〜11.6p     17尾
・冨士道橋上流         6.0p〜11.6p     21尾


  (ころがし釣り)
・狩川(小田厚下流〜小田急上)  9.0p〜14.8p    32尾

・狩川(神崎橋〜山下橋)    9.0p〜14.5p    19尾
・川音川(東名橋〜馬小屋)   7.0p〜16.5p    15尾

・天候 曇り、気温19℃〜21℃、
・水温 山北地区16.0℃、松田地区16.5℃、小田原地区19.5℃



2018.5.11 人工産成魚放流

昨日に続き人工産成魚を山北地区200kg(高瀬橋下流・大口橋上流)、松田地区200kg(ヤブ下・足柄大橋下流)へ放流しました。さらに大きく育ち解禁日は楽しめると思います。


PAGE
1 2 3 4 5 6

[更新]

TOP