トピックス

酒匂川に関するいろいろな情報をアップします。
釣り人からの情報や、川辺の動植物や、イベントなど
ニュース性のあるものを、その都度掲載します。
画像はクリックすると拡大します(拡大しないものもたまにあります(^^;)。  )



2016.3.20 天然遡上鮎跳ね確認

今年も鮎の天然遡上が気になる時期になってきました。20日の午前11時30分に小田急線下流域の堰堤に多くの稚鮎の跳ねが確認されました。今年も期待できると思います。写真は小田急線下流域の堰堤です。



2016.3.5 ニジマス42p釣り上げる

渓流解禁になり1日は冷え込みも厳しく釣果は伸びませんでした。5日の今日は気温も上がり酒匂川本流の組合事務所上流から富士道橋まで竿を出した釣り人は42p・29pのニジマスを釣り上げました。ポイントを探せばまだ釣れそうです。



2016.2.27 内川・狩川・四十八瀬川・中津川・虫沢川へ放流

渓流解禁まであと数日、26日に四十八瀬川・中津川・虫沢川へやまめ・ニジマスの成魚放流を行い、27日に狩川と内川へやまめ・ニジマスの成魚放流を行いました。
解禁日には楽しめると思います。



2016.2.26 今年の河口は順調か?

今年も天然遡上の効率化を図るため河口の浚渫工事を依頼していましたが大雨による増水が2回ほど有り河口もほぼ真直ぐの状態になっているため重機による浚渫は行う必要がなくなりました。写真でも確認できますが鮎が遡上してくるには特に問題ないと思っています。今後多くの天然遡上を期待しているところです。



2016.2.21 ヤマメ・イワナ成魚放流

渓流の解禁もあと数日となり本日、玄倉川(イワナ含む)・中川・世附川にヤマメの成魚放流を行いました。解禁日には楽しめると思います。またその他の渓流河川についても随時成魚放流を行う予定です。



2016.2.12 育成池に稚鮎入る。

1月20日、2月5日に合計150,000尾の稚鮎が育成池に入り元気に成長しています。放流開始は4月上旬を目処に随時実施の予定です。また天然遡上も河口で稚鰻を採補している方の情報によると網に稚鮎が入ってくると言われ稚鮎も多く見られるそうです。また河口の浚渫工事についても2月中旬に行われ天然遡上に役立てたいと思っています。今年も期待したいです。



2015.5.26 放射能検査結果

解禁まで数日となりました。先日の鮎試し釣りが行われ採捕された鮎の一部を(公財)海洋生物環境研究所へ放射能検査に出したところ結果は不検出でした。


PAGE
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26

[更新]

TOP