トピックス

酒匂川に関するいろいろな情報をアップします。
釣り人からの情報や、川辺の動植物や、イベントなど
ニュース性のあるものを、その都度掲載します。
画像はクリックすると拡大します(拡大しないものもたまにあります(^^;)。  )



2017.5.22 

5月22日早朝、琵琶湖産鮎600kg(14cm〜18p)を小田原、松田、山北地区へ分散放流しました。今年もいよいよ6月1日の解禁日まであと9日、天然遡上及び放流した稚鮎の生育状況を見る試釣りの結果も良かったことから解禁日には楽しめる事と思われます。



2017.5.17 試し釣り結果表

   釣果は次の通りです。
 (友釣り)

・高瀬橋          10.5p〜16.8p     12尾
・赤岩下流         10.5p〜15.9p     13尾
・岩流瀬橋下流        9.6p〜16.7p    18尾 
・大口橋下流        10.0p〜16.2p     6尾
・大口グランド前      14.5p〜17.0p     6尾   
・文命床止工〜旧薮下囮店前 11.6p〜16.5p    18尾
・旧薮下囮店前〜新十文字橋 12.0p〜16.5p    14尾
・新十文字橋〜十文字床止工 10.0p〜16.0p    28尾
・十文字床止工〜足柄大橋  11.5cm〜17.9p    19尾
・紫水大橋〜報徳橋     10.0p〜16.0p     16尾

・報徳橋〜第二床止工     8.5p〜17.0p    11尾 
・第二床止工〜冨士道橋   13.0p〜17.5p     8尾
・冨士道橋〜富士見大橋    12.5p〜17.0p     8尾
・冨士見大橋〜赤橋      9.0p〜16.5p     12尾
・赤橋〜飯泉橋       13.5p〜16.5p     7尾


 (ドブ釣り)

・足柄橋〜高瀬橋       10.8p〜13.8p    15尾 
・高瀬橋〜大口橋上流     8.5p〜13.0p    10尾
・報徳橋上流         7.2p〜13.0p    15尾
・第二放水路下流       7.5p〜9.5p     13尾
・冨士道橋下流         6.0p〜12.6p     3尾
・冨士道橋上流         9.0p〜13.0p     10尾


  (ころがし釣り)
・狩川(小田厚下流〜小田急上)  9.0p〜15.8p    15尾
・狩川(一本松〜水道橋)     7.4p〜13.8p    19尾
・狩川(神崎橋〜山下橋)    11.0p〜15.5p    14尾
・川音川(東名橋〜馬小屋)   10.0p〜14.5p    14尾

  ・天候 曇り、気温17℃〜21℃、
  ・水温 山北地区17.0℃、松田地区17℃、小田原地区18.0℃



2017.5.17 2017"試し釣り報告

日中日の差す釣り日和に今年も恒例の試し釣りが実施されました。超減水の中、水不足で生育が心配されましたが流域全体で好釣果に恵まれ今年の鮎釣りを期待させる結果となりました。試し釣り結果表は次頁をご覧ください。



2017.5.12 育人工産放流

5月12日に小田原地区へ組合の池で育てた1尾平均10gの海産系人工鮎を10,000尾放流しました。大きく成長することを願っています。



2017.5.10 湖産系成魚あゆ放流

解禁の前の成魚放流(約350kg)を山北地区・松田地区・小田原地区へ分散放流しました。次回放流は琵琶湖産鮎を放流予定しています。



2017.5.8 松田地区へ育成鮎放流

育成池で順調に育った鮎を松田地区十文字橋と川音川へ放流が完了しました。
超減水の厳しい中ではありますが大きく育ってほしいものです。



2017.5.8 5月17日酒匂川鮎試釣り

今年も早いもので6月1日の鮎解禁に向けた試釣りを5月17日(水)に開催することが決定しました。気になる天然遡上は昨年と比較すると3週間ほど遅れていたようにおもわれます。また遡上量は昨年より少し少ないように感じています。毎年5月連休後に琵琶湖産鮎を放流していましたが、ご存じのように今年は琵琶湖の稚鮎が不漁で琵琶湖産鮎放流は試釣り以降の放流となります。なお連休後に放流する鮎については10日に330kgの成魚放流を行い、6月1日の解禁までには別途放流を行う予定でいます。

 写真は前年度試し釣り風景


PAGE
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

[更新]

TOP