トピックス

酒匂川に関するいろいろな情報をアップします。
釣り人からの情報や、川辺の動植物や、イベントなど
ニュース性のあるものを、その都度掲載します。
画像はクリックすると拡大します(拡大しないものもたまにあります(^^;)。  )



2017.5.8 松田地区へ育成鮎放流

育成池で順調に育った鮎を松田地区十文字橋と川音川へ放流が完了しました。
超減水の厳しい中ではありますが大きく育ってほしいものです。



2017.5.8 5月17日酒匂川鮎試釣り

今年も早いもので6月1日の鮎解禁に向けた試釣りを5月17日(水)に開催することが決定しました。気になる天然遡上は昨年と比較すると3週間ほど遅れていたようにおもわれます。また遡上量は昨年より少し少ないように感じています。毎年5月連休後に琵琶湖産鮎を放流していましたが、ご存じのように今年は琵琶湖の稚鮎が不漁で琵琶湖産鮎放流は試釣り以降の放流となります。なお連休後に放流する鮎については10日に330kgの成魚放流を行い、6月1日の解禁までには別途放流を行う予定でいます。

 写真は前年度試し釣り風景



2017.4.28 ヤマメ・ニジマス成魚放流

5月連休前のヤマメ等の成魚約90kgを各渓流河川へ分散放流しました。連休中は楽しめると思います。なお組合で育成しているヤマメも育成状態を見ながら各河川へ随時放流していく考えです。



2017.4.22 親子で鮎体験放流開催

4月22日(土)第17回親子で鮎体験放流が飯泉橋上流左岸の河川敷で、親子で164名の参加者の中開催されました。組合で育成した稚鮎約5000尾を放流し子供たちも良い体験になったと思います。



2017.4.16 十文字床止め工に天然遡上のアユが乱舞

今年も松田十文字床止め工堰堤に天然遡上の鮎が乱舞しています。今年はこの天然遡上アユを特別採捕の許可を得、汲み上げを実施しています。汲み上げたアユは上流域に放流しています。特別採捕は解禁を迎える間際まで行われます。



2017.4.5 小田原地区へ放流

4月4日小田原地区厚木バイパス下流域、富士見大橋下流域へ組合で育成した稚鮎13000尾を放流しました。天然遡上も遅れていますが少しずつ遡上し松田地区まで遡上しているように思われます。遡上調査も4月3日から始まりましたが遡上状況はまだ少ないようです。今後気温の上昇とともに更に遡上すると思います。



2017.4.5 狩川へ育成鮎放流

4月4日狩川へ組合で育成した稚鮎12000尾、8cm〜11cmを分散放流しました。解禁日に期待したいです。


PAGE
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

[更新]

TOP