トピックス

酒匂川に関するいろいろな情報をアップします。
釣り人からの情報や、川辺の動植物や、イベントなど
ニュース性のあるものを、その都度掲載します。
画像はクリックすると拡大します(拡大しないものもたまにあります(^^;)。  )



2014.3.13 河口の浚渫工事始まる

3月13日朝9時半撮影

天然アユ遡上の向上に向け今日から河口の浚渫工事が始まりました。当初3月上旬から行う予定でしたが川の増水等で工事が遅れてしまいました。3月に入り海産稚鮎も捕れていますので漁業組合も昨年同様に多くの天然遡上を期待しているところです。



2014.3.10 放射性核種分析結果

平成26年度ヤマメの放射能検査結果について渓流解禁前に行う予定でしたが大雪等のため遅れてしまったことについてお詫びいたします。3月に入り急遽サンプルを採捕し検査に出した結果、不検出でした。



2014.2.23 渓流魚解禁に伴う放流について-

白石キャンプ場付近                世附川(大又沢)方面

2月上旬、中旬に降った雪のため世附川、中川川、玄倉川の3月1日の渓流解禁に伴う事前放流について2月20日に漁業組合として、放流が出来るかの調査に行きました。世附川の大又沢方面は重機が入り東電のダムまで除雪作業が行われていました。(水の木方面は林道工事中です。)中川川については白石キャンプ場手前からゲートまでは除雪されていないため車での通行はできません。玄倉川についてはゲートまで車で行くことができます。しかし全ての箇所の残雪が多く種苗放流が出来ないため放流を延期することにしました。放流時期については残雪の様子を見ながら行う事にします。また釣り人の方へ道路等の除雪作業は行われていますが積雪量が100cm以上あった事から残雪も多く沢へ下るのも大変危険のため十分注意してください。
狩川、内川、四十八瀬川、虫沢川、中津川等へは解禁へ向けての放流は行います。



2014.1.22 海産人工稚鮎組合育成池に入る。

今年も1月17日愛知県の養殖業者より13万尾(1尾平均1.62g、3〜5cm)の海産人工稚鮎を受入、また1月20日の神奈川県鮎種苗センターより2万尾(1尾平均0.8g、3〜4cm)受け入れ合計15万尾の稚鮎を組合の育成池で飼育しています。今後、育成し4月上旬から随時放流して行く計画になっています。



2013.12.1 鮎釣り再解禁!!

師走を迎えた今日、好天に恵まれた酒匂川には再解禁を待ちに待った太公望が川面に竿を出していました。釣果はそこそこ、若い魚体の混じる落鮎も最近の傾向か。来年の遡上を期待しましょう。



2013.11.28 産卵調査行われる。

11月に入り神奈川県内水面試験場と酒匂川漁協で今年の鮎の産卵調査が行われています。本流では数多くの産卵した鮎の卵が確認されました。産卵調査は来年1月まで行われる予定です。また11月19日〜20日に掛けて孵化した稚魚(仔鮎)の降下調査も(PM5:00〜AM5:00)寒い中行われ数多くの仔鮎が確認されました。



2013.11.2 松田地区H25年度の河川修繕工事!

工事現場写真(左)は第2放水路から下流約500m及び(右)は足柄大橋上下500m付近です。

県西土木事務所発注の河川修繕工事が2件行われています。
河川内に堆積した土砂を堀削し搬出するものです。今回の工事は水中内は行いません。
また搬出する石のサイズを含めて水産植物及び漁場の被害を最低限に止める様に申し入れていますのでご理解とご協力をお願いします。

 ★工期はH26・1・30迄です。


PAGE
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27

[更新]

TOP